​インターネット上の誹謗中傷・風評被害対策

着手金

1.裁判手続を利用しない場合 

  3万3,000円~
2.裁判手続を利用する場合

  22万円~

報酬金

5万5,000円〜

​※なお、裁判手続を利用する場合、成功報酬はいただきません。

備考

対象記事の分量や投稿されたサイトの種類によって費用は変動します。

事前に明確な金額を記載したお見積書をご提示いたしますので、安心してお問い合わせください。
なお、実費については、上記弁護士費用とは別にご負担いただくこととなります。

​交通事故

着手金

1.経済的利益の額が300万円以下の場合

  経済的利益額×8.8%

 ※ただし最低着手金額は11万円となります。

2.経済的利益の額が300万円を超え3,000万円以下の場合

  経済的利益額×5.5%+9万9,000円

3.経済的利益の額が3,000万円を超える場合

  経済的利益額×3.3%+75万9,000円

報酬金

1.経済的利益の額が300万円以下の場合

  経済的利益額×17.6%(税別

 ※ただし最低報酬金額は11万円となります。

2.経済的利益の額が300万円を超え3,000万円以下の場合

  経済的利益額×11%+19万8,000円

3.経済的利益の額が3,000万円を超える場合

  経済的利益額×6.6%+151万8,000円

備考

任意保険の弁護士特約にご加入の場合、300万円を上限とする弁護士費用を保険会社が負担することとなるため、

実質的に依頼者様のご負担なしでご依頼いただくことが可能な場合があります。

​任意整理・自己破産・個人再生

着手金

1.任意整理

  1社あたり3万3,000円

2.自己破産(個人)

  案件の内容に応じて22万円~44万円

3.自己破産(会社)

  案件の内容に応じて55万円以上の金額

4.個人再生

  案件の内容に応じて33万円~44万円

報酬金

1.任意整理(過払金が発生した場合)

 (1)交渉で過払金が回収できた場合

   回収額×22%

 (2)訴訟で過払金を回収した場合

     回収額×27.5%

2.任意整理(過払金が発生しない場合)

    債務の減額分×11%

備考

自己破産・個人再生については報酬金はいただきません。

分割払いについては、ご相談ください。

​刑事事件

着手金

1.起訴前弁護

 (1)事案簡明な事件

     22万円~55万円   

 (2)上記以外の事件

   55万円以上

2.起訴後弁護

 (1)事案簡明な事件

   22万円~55万円  

 (2)上記以外の事件

   55万円以上

報酬金

1.起訴前弁護
 (1)不起訴の場合

   22万円~55万円  

 (2)略式命令となった場合

   22万円~55万円
2.起訴後弁護
 (1)無罪の場合

   55万円以上

 (2)執行猶予の場合

   22万円~55万円

備考

着手金及び報酬金ともに事案の内容により幅があります。

詳しいご事情をお伺いしたうえで、事前に明確な金額を記載したお見積書をご提示いたしますので、安心してお問い合わせください​。

​遺産相続問題

着手金

1.定型的な内容の遺言書作成

  案件の内容に応じて11万円~22万円

 ※非定型の場合の費用はお問い合わせください。

  公正証書を作成する場合、公証人に対する手数料及び弁護士に対する日当が別途必要となります。 

2.遺産分割・遺留分減殺請求事件

 (1)相続分・遺留分の額が300万円以下の場合

   当該金額×8.8% ※ただし最低着手金額は11万円

 (2)相続分・遺留分の額がが300万円を超え3,000万円以下の場合

   当該金額×5.5%+9万9,000円

 (3)相続分・遺留分の額が3,000万円を超える場合

   当該金額×3.3%+75万9,000円

​3.相続放棄

  案件の内容に応じて5万5,000円~11万円

報酬金

1.得られた経済的利益額が300万円以下の場合

  得られた経済的利益額×17.6%
2.得られた経済的利益額が300万円〜3,000万円の場合

  得られた経済的利益額×11%+19万8,000円
3.得られた経済的利益額が3,000万円〜3億円の場合

  得られた経済的利益額×6.6%+151万8,000円

備考

​遺言書作成、相続放棄については、報酬金はいただきません。

​近時注目されている家族信託についても取り扱っております。詳細はお問い合わせください。

​離婚事件

着手金

1.離婚請求(交渉及び調停申立て)

  案件内容に応じて22万円~55万円

2.離婚請求(訴訟)

  案件内容に応じて33万円~66万円

  ※交渉又は調停からご依頼いただいた場合には、当初着手金を差し引かせていただきます。

3.財産分与・慰謝料請求等の金銭請求

 (1)経済的利益の額が300万円以下の場合

   経済的利益額×8.8% 

 (2)経済的利益の額が300万円を超え3,000万円以下の場合

   経済的利益額×5.5%+9万9,000円

 (3) 経済的利益の額が3,000万円を超える場合

   経済的利益額×3.3%+75万9,000円

報酬金

1.離婚請求

  案件内容に応じて33万円~66万円

2.財産分与・慰謝料請求等の金銭請求

 (1)経済的利益の額が300万円以下の場合

   経済的利益額×17.6% 

 (2)経済的利益の額が300万円を超え3,000万円以下の場合

   経済的利益額×11%+19万8,000円

 (3)経済的利益の額が3,000万円を超える場合

   経済的利益額×6.6%+151万8,000円

備考

親権問題・面会交流等についても取り扱っておりますので、詳細はお問い合わせください。